FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

当サイトへのお問合せ

86ファンサイトへのお問合せは、下記アドレスまでお願いいたします。

現在、当サイトでは相互リンクを募集しています。

相互リンクをご希望の方は、下記のリンクを設置して

ご連絡お願いいたします。

サイト名

86 チューニングサイト

アドレス

http://ft-86-diy.com

説明

86に関するチューニング情報を配信するサイトです



リンク集






ウィキペディア:FT8686について
AUTOBLOG86の説明
トヨタ86公式オフィシャルサイト
CARVIEW86について

カテゴリー:ブログ続きはこちら

TRDのパーツからみる86のカスタマイズ

すでに86を扱うトヨタ系ディーラーには販売マニュアルが配布されています。

そこにはトヨタ系チューナーのTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が扱うカスタマイズパーツが多数紹介されています。

これらパーツは新車購入時にセールスマンが積極的に紹介していく模様です。

カスタマイズパーツは多岐にわたりますので、ここで概要を紹介します。

外観ではフロントスポイラー、サイドスカート、リアアンダースポイラーの3店セットのほかに、ディフューザー、トランクスポイラーを装備。

前項でも触れた18インチの漆黒鍛造アルミホイールが足元を引き締めています。

専用サスペンションは40段階の減衰力調整機構と車高調サスとスタビライザーを用意しています。

ブレンボ製のモノブロックブレーキもラインアップし、前355mm、後345mmの専用ディスクローターを装備。

フロント6ポット、リア4ポットにキャリパーが強力なストッピングパワーを供給するそうです。

また、標準ブレーキを強化するスポーツバッド、純正用強化ブレーキラインも用意しています。

ボディ強化系パーツではカーボン製のフロント・ストラットタワーバー、メンバーブレースセット。

加えて新アイテムとしてドアスタビライザーを設定しています。

このドアスタビライザーとはコーナリングなどでボディとドアにズレが生じボディが歪むのを防ぐスペーサー状のアイテム。

リニアなステアリング操作に貢献するといいます。

マフラーは左右2本で計4本出しのハイレスポンス仕様で、将来ターボ&スーパーチャージャーの装着を睨んだアイテムのようです。

そのほかTRDスポーツシート、水温計・油温計・油圧計で構成するスポーツメーター、シフトノブなどがラインアップしています。

?これらのアイテムはTRD以外のサードパーティからも続々リリースされることでしょう。

カテゴリー:ブログ続きはこちら

86のカスタマイズを前提にしたグレード選択

ライトウエイト・スポーツ86を購入する際にどのグレードを選択するかが悩みどころです。

最も高価なGTリミテッドが297万円。

最も廉価なRCが199万円。

その価格差は約100万円です。

エンジンとトランスミッションは同じ、価格差はすべて装備の違いから生まれたものです。

グレードによる装備の違いで大きな差は、ブレーキとヘッドライト、VSCの有無、そしてタイヤ&ホイール、エアコンディショナーです。

GT系のブレーキは4輪ベントレーテッドディスク(他のグレードはリアがソリッドディスク)であることと、前照灯ロービームがGT系にディスチャージ式を採用し、他のグレードがハロゲンライトとなることです。

タイヤ&ホイールはGT系が17インチ+鍛造アルミ、Gが16インチ+鍛造アルミ、RCが16インチ+スチールホイールという内容です。

エアコンはGT系がオートエアコン、Gが簡素なマニュアルエアコン、RCにはエアコンがありません。

これ以外の細かな装備の違い些細といえるもので、アルミペダル、内装パネルの違い、シート表皮などです。

ただし、未だ詳細は不明ながらGTリミテッド、GT、G、RCのどのグレードを選択しても本革シート、NAVI、オーディオは未装着です。

本革シートはGT系にメーカー・オプション、NAVIとオーディオは全グレードにメーカー&ディーラー・オプションもしくは自前で後付けとなります。

加えて、最も廉価なRCにはエアコンが装備されていません。

後付け可能なディーラーopエアコンがあるのかどうか、またその価格などは不明です。

現状では、モータースポーツ専用の改造を前提にしたグレードといえそうです。

カテゴリー:ブログ続きはこちら

86の気になるグレード構成 価格、グレードとなど

86のボディ寸法は全長×全幅×全高4240×1775×1285mm、ホイールベース2570mmです。

全幅だけが5ナンバーサイズを75mm超えていますが、それでもコンパクトなクーペと言えるでしょう。

トレッドはフロント1520mm、リア1540mmとワイドな車幅を十分に活用したディメンションを得ています。

なお、最廉価のカスタマイズグレードを除くモデルの車重は1210〜1250kg(MT車/ATモデルは20kg増)と現代の2リッターモデルとしては軽量ですね。

別項で述べたように水平対向エンジンをフロントミッドシップ搭載した効果で、車両重心高が極めて低い460〜となっています。

重心の低さは良好なハンドリングに貢献します。

86は他のスポーツカーである日産GT-Rの495、ポルシェ・ケイマンの482、フェラーリ360の447と遜色のない数値なのです。

86の販売価格は上から・「GTリミテッド」297万円・「GT」279万円・「G」241万円・「RC」199万円(ATの設定無し)(価格は6MT車/6AT車はGで7万円、GT系で8万円高)全グレードで同一なのはエンジンと6MTのミッションで、グレードによる装備の違いが大きく異なります。

RCはカスタマイズ専用モデルで装備を簡略化したドレスアップ&チューンアップのベースモデルです。

主な装備はGTに17インチホイール&タイヤ、前後ベンチレーテッドディスクブレーキ、オートエアコン、ディスチャージランプ、上級ファブリックシート、本革巻きステアリング&シフトノブ、アルミ製ペダル、デジタル速度計などが標準装備となります。

GTリミテッドはGTにパッケージオプションを加えたモデルで、アルカンターラ製スポーツシート、赤黒ツートーンステアリング&ノブ、前後スポイラーなどがセットで加わります。

Gはタイヤ&ホイールが16インチとなり、フロントのみベンチレーテッド式+リアソリッドディスク、マニュアルエアコン、ステアリングなどがウレタン(本革製はop)製となります。

RCになると、エアコンレス、スチールホイール、前後バンパー&ドアミラーはウレタン素材の黒となるなど完全にベーシック仕様となっています。

詳細は別項で……。

カテゴリー:ブログ続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW