FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

TRD86プッシュスタートスイッチ

TRDのプッシュスタートスイッチです。
86に取り付けるパーツの中で難易度も簡単でお手軽なパーツです。
TRDのロゴがイルミネーションONで光る、気のきいたパーツになっています。
86のチューニングやカスタムをこれから楽しむ方にとっては、入門としてとても楽しめるパーツではないでしょうか。

ちなみに、価格は税込み14700円と少し高めになりますが、自分の86を仕上げるアクセントになること間違いなしです。

カテゴリー:続きはこちら

86シート

86にシートカバーを取り付ける場合に、どのようなメーカーがあって、それぞれどのような特徴があるのか分からない場合があると思います。

それぞれのメーカーの特徴を知ることができれば、自然と86に取り付けるシートカバーも決まってくると思います。

シートカバーで有名な所では、「アルティナ」「オートウェア」「ダディ」の3つがあげられます。

アルティナの大きな特徴は、シートカバーの装着が初めての場合でも安心して取り付けられるように、すべての商品に取扱説明書が付属されていることです。

また、価格も低価格で、なおかつフィット感のよさにも定評があるようです。

DIYで86への取り付けに自信がない場合などは、アルティナのシートカバーにするのがいいと思います。

また、オートウェアの特徴は「100%の返品保証」が付いていることにあります。

インターネット通販が初めてで不安だという場合に、購入したシートカバーに不具合があったときのことを考えると、とても安心して購入することができると思います。

また、オートウェアは流通経路の合理化により価格が抑えられていますので、良い商品を安く購入できたという良い評判があるのも際立っているといえます。

最後にダディは、独自の「ベルト式」という取り付け方法で、初めての方でも簡単にシートカバーの装着ができるように設計されています。

ダディは、もともと本革シートを張替える事業からスタートした企業ですが、ディーラーなどでも多くの採用実績があり、シートカバーのパイオニア的な存在の企業といえます。

このように、それぞれの企業には特徴がありますので、86に装着するシートカバーがきまらないようでしたら参考にしてみて下さい。

カテゴリー:続きはこちら

86ルームランプ

86はスポーツタイプのモデルで、走りのための改造やチューニングに興味があっても、室内のインテリアなどにはあまり興味のない方も多くいると思います。

しかし、室内で文章を読んだり字を書いたりするときに、ルームランプが明るい方が便利な場合もあり、実用的な目的からLEDルームランプなどを取り付けると、さらにドレスアップの効果もあるのでおすすめです。

LEDのルームランプなどは価格的にも購入しやすい価格ですので、ショッピングサイトのポイントの残りなどで購入できてしまうほどです。

86のルームランプに取り付けるLEDランプは、大きく分けてブルー系のものとホワイト系のものがあり、好みによって選択することができます。

86のルームランプは、フロントパーソナルランプという名称が付いていますが、通常のルームランプと同じものと考えて良いでしょう。

ルームランプのレンズカバーの取り外しは、パネルはがしなどがなければ、ウエスを巻いたマイナスドライバーなどでも代用できますので、それで丁寧に手前に引き出すようにして取り外すことができます。

また、LEDランプは極性がありますので、検電器があれば予め調べてから取り付けるようにします。

もし、間違って逆方向に取り付けてしまっても壊れるようなことはありませんので、向きを変えて付け直せば問題はありません。

取り付けが終わったら、点灯するかどうか確認してレンズカバーを元通りに取り付ければ交換は完了します。

86に取り付けるLEDランプの種類にもよりますが、純正のものよりもしっかりとした明りで照らされるようになっているでしょう。

カテゴリー:続きはこちら

86 マフラー

86にマフラーを装着する場合、注意点としてまず、保安基準適合品かどうか?JASMA認定品かどうか?の点があります。競技に使用するのであれば、前述の2点は問題ありませんが、公道を走ったりと普通に86を所有している場合は、道路交通法に基づいた保安基準適合品を選択する必要があります。86は競技などにも積極的にPRされると予想されますので、そういった競技専用部品(公道での使用不可)が多く登場されるはずです。それらの点に注意して86のマフラーを選択してゆくことになります。

まず、現在86のマフラーの中でもっとも有力(装着率が高いと予想される)なものがTRDの【ハイレスポンスマフラーVer.R】です。TRD(トヨタレーシングディベロップメント)が86の発売日にあわせてラインナップしたマフラーで、φ86×4 二重管構造オーバル形状のマフラーとなっています。4本出しのオールステンレスマフラーです。このマフラーは、86純正のリアバンパーの場合、加工が必要になるので、できるだけTRDのリアバンパースポイラーかTRDマフラーガーニッシュとの同時装着が推奨されています。

86のマフラーは純正の場合、2本出しとなっていますので、TRDのハイレスポンスマフラーにするとかなりスポーティーな印象に変化します。

※通常の2本出しマフラーかの変更の場合、リアのスタイルは大幅にスポーティーになるでしょう

また、マフラーは86に限らずどのボディーカラーによる制約もないので、全色スポーティー度がアップします。86が納車されたら真っ先にカスタムしておきたい箇所がマフラーといえます。

現在トヨタの86公式サイトにて、こういったディーラーオプションやメーカーオプションのマフラーなどを装着シュミレーションするサイトがあります。

購入前の事前チェックとして非常に有効ですので一度試してみてください。

toyota.jp 86 | エクステリア | 3Dシミュレーション(TCV)

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW