FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86 マフラー

86にマフラーを装着する場合、注意点としてまず、保安基準適合品かどうか?JASMA認定品かどうか?の点があります。競技に使用するのであれば、前述の2点は問題ありませんが、公道を走ったりと普通に86を所有している場合は、道路交通法に基づいた保安基準適合品を選択する必要があります。86は競技などにも積極的にPRされると予想されますので、そういった競技専用部品(公道での使用不可)が多く登場されるはずです。それらの点に注意して86のマフラーを選択してゆくことになります。

まず、現在86のマフラーの中でもっとも有力(装着率が高いと予想される)なものがTRDの【ハイレスポンスマフラーVer.R】です。TRD(トヨタレーシングディベロップメント)が86の発売日にあわせてラインナップしたマフラーで、φ86×4 二重管構造オーバル形状のマフラーとなっています。4本出しのオールステンレスマフラーです。このマフラーは、86純正のリアバンパーの場合、加工が必要になるので、できるだけTRDのリアバンパースポイラーかTRDマフラーガーニッシュとの同時装着が推奨されています。

86のマフラーは純正の場合、2本出しとなっていますので、TRDのハイレスポンスマフラーにするとかなりスポーティーな印象に変化します。

※通常の2本出しマフラーかの変更の場合、リアのスタイルは大幅にスポーティーになるでしょう

また、マフラーは86に限らずどのボディーカラーによる制約もないので、全色スポーティー度がアップします。86が納車されたら真っ先にカスタムしておきたい箇所がマフラーといえます。

現在トヨタの86公式サイトにて、こういったディーラーオプションやメーカーオプションのマフラーなどを装着シュミレーションするサイトがあります。

購入前の事前チェックとして非常に有効ですので一度試してみてください。

toyota.jp 86 | エクステリア | 3Dシミュレーション(TCV)

カテゴリー:

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW