FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86エンジンルーム

86に搭載されているエンジンは、「水平対向エンジン」と呼ばれるエンジンで、左右にシリンダーヘッドのある配置にあるのが大きな特徴で、ボクサーエンジンあるいはV角が180度のV型エンジンなどとも呼ばれています。

86に搭載されている水平対向エンジンの大きな特徴は、「低重心である」ことと「静粛性が高い」ことがあげられますが、直立エンジンとの構造の違いにより、エンジンルームの配置も異なる部分があります。

まず、エンジンルームの配置を確認するためにボンネットを開くと思いますが、そのボンネットの高さが非常に低い位置にあることに驚くと思います。

また、86のエンジンの搭載位置が低い位置にあるために補器類の配置なども変更が可能になり、前方吸気が可能になったり、エンジンルーム上部にオイルフィルターが配置されるなどの特長があります。

さらに、故障すると厄介なオルタネーターもエンジンルーム内のエンジン左側上部に配置されていますので、万が一のオルタネーターの故障やトラブルのときにも、効率よく交換作業を行うことができます。

この86の吸気が前方で行われることのメリットは、後方からの吸気よりも圧縮された空気を取りこむことができるので、レスポンスの向上に大きく貢献しています。

また、シリンダーヘッドが左右のボディ側面にまで来ている配置になるため、プラグの交換などは難しくなってしまうことは多く指摘されるところです。

カテゴリー:

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW