FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86カナード

86のドレスアップや空力特性の変更を目的として、カナードを取り付けるケースが増えています。

カナードは、市販のものを購入して86に取り付けることもできますし、自分で型を作ってFRPなどで製作することもできます。

86にカナードを取り付けたり、製作したりするときに注意することは、「立ち上がりの角度を付けすぎない」ことで、あまり急な角度にしてしまうと、カナードに沿って空気が流れるのではなく、空気がカナードにあたって障害になっているだけの状態になってしまい、ダウンフォースの効果を期待することはできなくなってしまいます。

レースに参戦している車両などでもカナードが付いているものがありますが、中には2枚あるいは3枚取り付けられているものもあります。

これは、1枚のカナードで十分なダウンフォースを得るよりも、2枚か3枚のカナードに分散させてダウンフォースを得る方が、空気の流れもスムーズになり、カナードやフロントバンパーなどの負担も軽減されることになります。

人によっては、86にカナードを取り付けても効果はない!という意見もあるかもしれませんが、86にカナードを付けるかどうかは自由に決めていいと思いますし、ドレスアップを目的としたものだけであっても楽しめるアイテムだと思います。

カナードに関する保安基準などは、極端に尖ったものなどでなければ問題ありませんので、いろいろと楽しんで取り付けてみるといいと思います。

カテゴリー:続きはこちら

86カナード

86のボディ形状は空力効果が考えられたもので、ボディ全体の空気の流れや整流効果なども考えられた形状になっています。

しかし、サーキットのコーナーなどで、もう少し86のフロントのグリップを得たい場合などでは、カナードを利用してみるのもいいかもしれません。

もっとも、カナードの本来の目的は整流効果にありますが、カナードを自作することでフロント部のダウンフォース効果を狙っている方も多く、その効果を得ているケースもありますので試してみる価値はあるのかもしれません。

このときに使用する素材は、アルミ板やFRPなどがありますが、強度面などからFRPを使用したものが適していると思われます。

カナードを86のフロントバンパーに固定する方法は、ビスなどで固定する方法が一般的で、両面テープなどでは風の抵抗で強度が不足してしまうものと思われます。

また、カナードを取り付けることで車検に通るかどうか?ということを気にする方もいるかもしれませんが、フチの部分が半径5mm以上の曲線以上に丸みを帯びていれば問題なく車検に通ると思います。

もし、先端が尖っているものを取り付けるのであればフチにゴムなどでカバーをすることで車検に通すことができるようになります。

カナードは、整流効果やダウンフォースだけでなくドレスアップアイテムとしても有効になりますので、86に取り付けてみるのを検討してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW