FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86シフトノブ

シフトノブやステアリングなどは、こだわりを持って自分に最もフィーリングの合うものを見つけている方も多くいると思います。

86のシフトノブやステアリングも、今まで乗っていた車から取り外したものを装着する予定の方も多くいると思いますが、シフトノブに関しては、車種が変わってしまうとフィーリングまで変わってしまうこともあるものです。

86のシフトノブを社外のものに交換しようと思っている方の中には、チタン製やアルミ製のシフトノブに交換しようと思っている方も多くいると思いますが、熱くなったり冷たくなったりするのは、やはりデメリットとして感じてしまいます。

最近では、見た目はチタンやアルミなどの金属製のものの方が優れていますが、ジュラコンやソフトウレタン製のものが人気が出ているようです。

ジュラコンとは、プラスチックの一種でポリオキシメチレン(POM)あるいはポリアセタールと呼ばれることもあります。

このジュラコンやソフトウレタン製のシフトノブを86に装着すれば、季節に関係なく快適にシフトノブを握ることができるようになります。

また、シフトノブの重量も重い物の方が操作が楽になりますが、その分だけミッションを痛めてしまう可能性も出てきますのでバランスを考えて選択するのがいいと思います。

金属製のシフトノブもいいものですが、86に取り付けるシフトノブの素材に、他のものも併せて検討してみるのもいいと思います。

カテゴリー:続きはこちら

86シフトノブ

86のATミッションモデルでは、パドルシフト操作ができるようになっています。

パドルシフト操作とは、MT車でギアを切り替えるためにクラッチを使用しますが、それと同じようにオートマ車においてもシフトチェンジができるような機構をいいます。

86でパドルシフト操作をするためには、シフトノブを「M」ポジションに合わせ、マニュアルモードに切り替えることでできるようになります。

実際には、シフトアップ/ダウン可能表示灯が点灯しているときに、シフトノブあるいはステアリングに付いているパドルシフトスイッチを操作することで、ギアチェンジを行うことが可能になります。

この86のシフトチェンジをシフトノブで行うかステアリング部で行うかは好みによりますが、MT車を操作している感覚を味わう目的で、シフトノブで操作する方が好まれると思われますが、年配の方や女性の方などで運転の苦手な場合には、ステアリングでの操作をすることで安全にシフトチェンジができるようになります。

また、最近のレース用の車両などにおいても、パドルシフト操作を取り入れたものも多くありますし、こだわりのある方であれば、マニュアル操作よりもパドルシフト操作を好んでいるケースも多くあるようです。

この86のパドルシフト操作の利点は、普段は普通のオートマチック車と同じように運転し、ときどきシフトノブを操作することでスポーツ走行なども楽しめるという点で、若い人から年配に至る世代にまで支持を受ける機構になるのではないでしょうか?

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW