FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86デフ

86のGTグレード・GTLimitedグレードにおいては、標準でトルセンLSDが装備されていますが、RCグレード・Gグレードを購入した方の多くが、後からLSDを装着することになると思います。

LSDとは、差動制限機能があるデファレンシャルギアのことで、LSDのないデフにおいては、一方の車輪の負荷がなくなってしまうと、その車輪が空転し、反対側の車輪に動力が伝わらなくなってしまう欠点があります。

このLSD付きのデフは、市街地走行における悪路を走行するときにも86の走りに貢献しますが、モータースポーツなどの激しい走行をするシーンにおいて大きくその威力を発揮することができます。

86は「ドリフト性能世界一」というフレーズにもあるように、ドリフトの練習をすることもあると思いますが、LSDでない状態のデフでは、片方の車輪が空転したときに反対側の車輪に駆動力が伝わらないのでドリフトを続けることが困難になってしまいます。

また、標準装備のLSDにおいても、効きが甘いものが多くありますので、機械式LSDのような強力なものに交換する必要があります。

これ以外にも、デフのファイナルギアを交換してローギアード化することによって、86をドリフト仕様に変更したり、最高速を伸ばすようにセッティングすることも可能になります。

しかし、LSDの取り付けやファイナルギアの交換は、比較的難しい部類の作業になりますので、初めての場合には経験者と一緒に交換作業をする方がいいでしょう。

カテゴリー:続きはこちら

86デフ

86はメディアや雑誌などでも大きく取り上げられるなど、非常に大きな期待が集まっていますが、逆に、一部の間ではミッションやデフに関しての不安が生じているような記述も見られます。

トヨタ自動車では、10年以上前にアルテッツアという車をデビューさせましたが、そのときにも86と同じように大きな期待が寄せられていました。

このトヨタのアルテッツアは、2リッターNAで210馬力を誇る3S-GEエンジンを搭載していたモデルですが、ユーザーのパワーを求める希望によって、ボルトオンターボなどがアフターパーツとして多く販売されるようになりました。

しかし、アルテッツアのミッションやデフのキャパシティが低いことから、改造によるデフやミッションの破損が非常に多くなり、アフターパーツ業界から、トヨタは多くのバッシングを浴びてしまうことになりました。

86やBRZに関しては、ターボ版の登場を希望するユーザーの声も多くありますが、それまではアフター業界によるパーツでのターボ化も登場することになると思います。

そのときに、かつてのアルテッツアと同じようにデフやミッションの破損が生じるのかどうか?という不安を感じているケースが多くあるようです。

このようなことから、86のターボ化などに不安を感じているのであれば、デフの強度やオイル容量などが十分であるかどうかが確認できた段階でターボ化に踏み切るということも可能になると思います。

カテゴリー:続きはこちら

86デフ

86のGTグレードでは、標準でトルセンLSDが装備されています。

トルセンLSDとは、トルク感応型のLSDのことで、特殊な機構によりLSDの機能を持たせたデファレンシャルギアで、電子的な制御を行うものになります。

86のトルセンLSDのメリットは、機械式LSDのような煩雑なメンテナンスをあまり必要とせずに、自然なLSDの効果が得られることにあります。

86を新車で購入したときには、エンジンなどの慣らし運転の必要性が話題になりますが、LSDに関しても慣らし運転というものは必要になるのでしょうか。

一般的には、LSDの慣らし運転は、通常通り市街地での走行で1000km程度の走行をすることと、8の字走行をすることで金属部品のあたりを付けることを行うようです。

個人的な意見にはなってしまいますが、LSDなどのようなデフにおいても慣らしをするメリットは生じると思いますが、通常のメンテナンスであるオイル管理などをしっかりとすることの方がメリットが多いように感じます。

デフに限らず、86のエンジンやミッションは金属製の部品が使用された機械になりますので、その潤滑や防錆を目的としたオイルは定期的に交換することで、新車購入時の良好な状態を保つことができるとされています。

デフの慣らし運転をすることのメリットもありますが、あまり神経質になる必要はなく、逆に日常のメンテナンスの方に力を入れる方がいいのではないでしょうか。

カテゴリー:続きはこちら

86デフ

86は後輪駆動車(FR)ですので、デフという機構が備えられています。

デフとは"デファレンシャル"とも呼ばれますが、日本語表記では「作動装置」といわれているものです。

デフ本来の役割は、例えば、86がコーナーなどを走行するときに、後輪の右側と左側とでは軌跡の長さが異なりますが、後輪の右側と左側が固定された状態ではスムーズにコーナーを走行することができません。

この後輪の回転の差を調整する機構がデフになります。

86が直進するときには、ドライブピニオンギアから入ってきた回転は、その回転によりリングギアが回転します。

そして、リングギアと左右のサイドギアに挟まれたデファレンシャルピニオンシャフトが回転を始め、デファレンシャルピニオンギアは回転せずに左右同じ負荷の割合で回転を始めます。

よく、デフの機構を説明するために、側溝などに脱輪してしまったときに落ちた方のタイヤのみが空転して脱出することが不可能になるという説明があります。

しかし、実際には、脱輪やわだちばかりでなく、86が傾斜のきつい坂道などに右折あるいは左折で侵入したときに右後輪あるいは左後輪が浮いてしまうことで同じような現象を再現することができます。

実際には、このデフに欠けている機能を補う目的で、ノンスリップデフあるいはリミテッドスリップデフ(LSD)と呼ばれる装置で、走行不能になることを回避したり、高速でのコーナリング特性を向上させるような装置が採用されるようになります。

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW