FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86トランク

86はスポーツカーとしてチューニングやドレスアップなどを楽しむことができるモデルとして、若い世代の憧れのモデルになることと思いますが、30代・40代の世代においても支持を集めることは容易に想像ができます。

86に関するトヨタの発言は、その一つ一つが話題となりニュースとなっていますが、86のトランクに関して「ゴルフバッグなら9インチのゴルフバッグが2個収納できる」という発言も話題になっています。

トヨタのサイトによると、トランクに収納するゴルフバッグの形状や大きさによっては収納できないこともある、とされていますが、トランクに収納するものにシューズバッグやウェアバッグは含まれていないそうです。

また、トランクにゴルフバッグを2個収納できるのは、「リアシートを倒した状態」でのことですので、86の開発段階から、若い世代以外のゴルフを楽しむ世代がコース場までの峠などを楽しむようなシーンを想定していたのではないかと推察されます。

基本的に、86のようなスポーツカーでは、居住性や快適性が犠牲になってしまうことは、仕方のないことかもしれませんが、86には最低限の快適性が備わっているといえます。

そのことで、サーキットに行くときにはタイヤや工具などを積んで出かけることもでき、ゴルフやアウトドアに出かけるときにも比較的大きめなトランクが活用されることになると思います。

カテゴリー:続きはこちら

86トランク

86などのようなスポーツタイプのクルマにおいては、トランクなどの実用的な装備に期待することは稀ですが、「後部座席を倒すことでゴルフセットが2セット積める」という表現通り、スポーツカーとしては十分なスペースが確保されています。

さらに、86のトランク内にはスペアタイヤが装備されていませんので、そのスペースも活用することで予備のタイヤを4本積むことができるそうです。

86のトランク内の広さは、幅が1080mmで奥行きが805mm、高さが380mm程度ありますので、予備のタイヤを積まないのであれば、最低限の工具セットは十分に積載することも可能ですし、日常での買い物などでは十分といえます。

また、欧州車の多くで採用されているトランクアームでダブルリンク式というものがあり、86においても採用されていますが、トランクを閉じたときでもアームが荷物を圧迫したりすることなく、見た目もスマートな仕上がりになっています。

さらに、トランクを開いたときの角度も地面と直角になるほど大きく開きますので、トランクのスペース的にも実用的にも日常での使用は十分役に立ってくれると思われます。

ただし、リアシートを倒してトランクを広く使おうと思ったときに、リアシートの左右に設置してあるロックを解除するには、大柄な人にとっては狭いスペースでする事にもなり、窮屈さを感じてしまうかもしれません。

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW