FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86ボンネット

86のボンネットを軽量化する目的や、ドレスアップを目的としてカーボン製のボンネットやFRP製のボンネットに交換することがあります。

FRP製のボンネットは、塗装することが前提となっていますので、86にFRP製のボンネットを取り付ける場合の多くの目的は、軽量化やエアロパーツなどに合わせた形状の変更という目的になっていると思われます。

このときに、86のボンネットにピン(ボンネットピン)を取り付けることがありますが、これは、高速での走行時の振動などでカーボンやFRPが破損してしまうことがありますので、純正の固定化所(ストライカー)のみではなく、ボンネットピンを取り付けることにより、走行中の風圧でボンネットが開いてしまうことを予防していることになります。

86のボンネットにボンネットピンを取り付けるためには、ピンを固定するための棒状のステーをたてて、ボンネット自体にも穴をあけ、その穴にステーが通るようにします。

一般的に、86純正のボンネットが使用しているストライカーを使用するタイプのボンネットピンは付いていないことが多くありますが、説明書の中にはボンネットピンの使用を推奨しているケースが多くあります。

これは、純正の鉄製やアルミ製のボンネットと比較すると、FRP製やカーボン製のボンネットは衝撃や振動に対して弱いという特性があることからされているものだと思います。

カテゴリー:続きはこちら

86ボンネット

86はGグレード以上であれば、ノーマルのまま乗り続けるとしても十分に楽しめるクルマだと思いますが、アフターパーツなどを活用してドレスアップをしたりチューンナップをしてより速い86に改造するのも楽しいと思います。

このときに、86の改造などでエアクリーナーなどを交換したりするとエンジンルームからの音が気になるケースもあり、そのような時には、86に限らずボンネットとボディのすき間をゴムなどで塞いでしまう方もいるようです。

ボンネットとボディのすき間を埋めることで、フロントガラスから流れてくる雨水などもエンジンルーム内部に入らないようにすることもでき、メリットが多そうですが、デメリットもありますので注意が必要です。

基本的に86に限らずすべての車両に言えることですが、接触事故などを起こしたときのことを想定して、ボディ全体は比較的軟らかい造りになっています。

これは86のボディ全体をガチガチに固めてしまうと、ちょっとした接触事故などでもボディ全体に歪みが生じてしまうのを避けるためにそうなっているようです。

雨水のエンジンルームへの侵入や音対策のためにエンジンルームとボディとのすき間をふさいでしまうと、タワーバーやボディ補強のための溶接増しなどを行うことと同じリスクがあることが分かると思います。

もちろん、そのリスクを十分に理解した上での、変更であれば音対策としての効果を期待することができると思います。

カテゴリー:続きはこちら

86ボンネット

86あるいはBRZでも話題になることの一つに"ボンネットの低さ"があげられます。

というのは、平成16年の4月から歩行者頭部保護基準という法律が施行され、万が一86で歩行者を跳ねてしまい、歩行者の頭部がボンネットに打ちつけられても一定以上の安全性を求められるようになった背景があり、その基準をクリアするためには86のボンネットを高くして、ボンネットとエンジンとの間に空間を設けないといけない設定になっているからです。

今回開発されたトヨタの86もスバルのBRZもスポーツカーでありますので、車高もボンネットの高さも低い方がスポーツ性が高まるのはもちろんですが、その歩行者頭部保護基準をクリアするためにはスバルの水平対向エンジンの全高の低さが大きく貢献しているとされています。

スバルが開発を続ける水平対向エンジンは「フラットエンジン」とも呼ばれ、一般的な直列エンジンやV型エンジンと比較すると全高が低い設計となります。

そのため、水平対向エンジンを搭載した車両の重心は必然的に低いものになり、また、全高の低さからボンネットの位置を低く設定することも可能になります。

86に搭載されている水平対向エンジンには、整備性などでのデメリットなどももちろんありますが、エンジンの形状・構造による「軽量・省スペース・低重心」という特徴はスポーツカーを開発する上で大きなメリットになるのでしょう。

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW