FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86追加メーター

86のような水冷式のエンジンでは、クーラント液(LLC)によってエンジンの温度管理が行われています。

86でモータースポーツを行うような場合でなくても、水温をドライバーが把握しておくことは、負荷の増大によるオーバーヒートやエンジンの破損を予防する意味でも重要になります。

そのため、86や他のスポーツタイプの車を購入した人の多くが追加メーターとして水温計を取り付けています。

追加メーターの水温計の利点は、正確に水温が何度であるかを把握することができる点で、純正のHとCの間に大まかに表示されるものよりも追加メーターの方が正確に水温を知ることができます。

しかし、追加メーターの水温計のセンサーは、アッパーホース・ロアホース・エンジンブロックなどに取り付けることができますが、取り付け位置をどこにするかによっても水温は異なりますし、サーモスタットが純正か社外品のローテンプサーモであるかによっても表示される水温は異なります。

したがって86に取り付けた「水温計が何度を表示していればよいか?」などは一概には言えないのが現状です。

しかし、大まかな目安として純正のサーモスタット使用時で80度程度、ローテンプサーモ使用時なら75度前後を表示すると思います。

また、水温が100度近くになってくると危険水準になってしまいますので、そのようなときには安全な場所に86を停めて、水温上昇の原因を点検してみる必要があります。

カテゴリー:続きはこちら

86追加メーター

86のチューニングなどを進めていくと、追加メーターを取り付けたくなるケースがあると思います。

86の純正のメーターは、中央にタコメータを配置していることに大きな特徴がありますが、タコメーター・スピードメーター・水温計・燃料計と基本的なメーター構成になっています。

ここで、86の追加メーターとして何を取り付けるかも重要になりますが、取り付ける追加メーターを「どこに取り付けるか?」が非常に重要になります。

基本的に86のドライバーが運転をするときに、ダッシュボードの上などに運転の視界を妨げるものを取り付けることは、車検でNGとなってしまうことがあります。

これは、追加メーターだけでなく、カーナビなどでも視界を妨げてしまうような取り付けをしていると、取り外すように指示されることもあるようです。

この追加メーターが視界を妨げるかどうか?というのは、検査官の判断によるところが大きくなりますので、一概にここなら大丈夫!ということができません。

また、メーターを固定するときにビスを使用すると、検査官によっては「ビスでの固定は危険だから・・・」という理由で、取り外さなければならないこともあります。

このような理由から、一時的に車検のときに追加メーターを取り外す必要があるかも知れませんが、できるだけ86を運転するときの視界を妨げないような場所を選択するようにした方がいいでしょう。

カテゴリー:続きはこちら

86追加メーター

86をドレスアップしたりチューンナップをしたりして、自分が求めるスポーツカーというものを仕上げていく楽しみは大きいと思います。

特に、86のマフラー交換やエアクリーナー交換などでチューンナップして、より力強い加速を感じたり、サーキットなどで最高速の記録を伸ばしたりすることには、メカ好きというわけではなくとも多くの男性を虜にしてしまうでしょう。

しかし、86の限界に挑戦するような改造をして走りを楽しむときには、追加メーターなどで86のコンディションなどを常に把握しながら走行する必要も出てきます。

特に、純正の水温計では正確な温度を表示することができませんので、追加メーターで水温計を取り付け、より詳しい水温を把握しておくことは重要になります。

追加メーターとして販売されている水温計の取り付けは、一般的にはラジエターのアッパーホースにセンサーを取り付けて計測するタイプになります。

このときにラジエターのアッパーホースに穴を開けるのが不安であったり、ラジエターのクーラント液を抜くのが困難な場合では、ECUの配線から水温に関する信号をとって表示するタイプのものを選択するといいと思います。

ここで追加メーターとしてECUの信号をとるタイプの水温計を取り付けるときには、バッテリーマイナス端子の絶縁などをして慎重に作業を進める必要があります。

カテゴリー:続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW