FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86にフットライト取り付け

86にフットライトを取り付けて、ドレスアップしたい方は沢山いらっしゃると思います。フットライトはDIYの中では、中級ぐらいに位置する難易度といえます。
ドアオープンマイナス線や、常時電源などをフットライトLEDなどに接続する必要があります。トヨタ86のようなスポーティーカーには、フットランプぐらいまでのドレスアップがちょうどいいかもしれません。
下の画像は、シビックタイプRへフットランプを取り付けたときのイメージです。おそらく86も同じようなイメージなると思います。
※クリックで拡大できます。

86へのフットランプ取り付けは、MKJPの86メンテナンスDVDプラスにて作業を解説しています。初心者向けに解説していますので、これからDIYでフットランプを取り付けようと思っている方には特に参考いただけると思います。

86へのフットランプ取り付け




カテゴリー:DIY続きはこちら

いよいよRCの真っ黒いバンパーを交換する

86RCの黒いバンパーは、当然どうにかしなければならないアイテムですね。

86発売後3カ月も経てば、ネット・オークションに86中古純正バンパーが、数え切れないぐらいアップされているはずです。

86GT系ユーザーが社外バンパーを購入して取り付け、ドレスアップした結果、余ってしまった純正バンパーですね。

それを安値で購入して交換してしまうのはひとつの手です。

アフターマーケットに好みのデザインが見つからない時の“取り敢えず”の方法として最善かもしれません。

さて、そのころ市場に流通しはじめるドレスアップ用の86のバンパーは、それぞれのショップがFRPでカスタム製作した製品がほとんど。

強度に優れたカーボンファイバー製は高価です。

パーツの構成もフロント&リアバンパーがセットになったものから単品、そしてエアロパーツとして3点セットなどさまざまです。

価格も数万円から20万円ぐらいまで多数出回ることでしょう。

きっと純正のカラーコードで色指定すれば、塗装して送ってくれる業者がほとんどだとおもいます。

ドレスアップ・パーツですがバンパーは一応機能性部品です。

これらバンパーなどのパーツは、装着のために多少の改造が必要だったりします。

信頼できるショップで適合しているかどうか確認しましょう。

バンパーの装着は購入するショップで行なった方が、無難だと思います。

また、取り外した純正バンパーの処分もショップにお願いしましょう。

前後バンパーを粗大ゴミとして引き取ってくれる自治体はありません。

あくまで産業廃棄物です。

これらは、86すべてのグレードでカスタマイズ出来ることです。

カテゴリー:DIY続きはこちら

1

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW