FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86RCのブレーキ・チューニング

サスペンションのチューニングを終え、コーナリング・ポテンシャルが上がった86ならば、その性能のアップに合わせて止まる性能、ブレーキ性能の強化も必要です。

まずは数多くアフターマーケットから発売されるブレーキパッドのパーツ交換からスタートしましょう。

ブレーキパッドの特性の違いを確認しながらチューニングを進めるのが基本です。

堅実なチューンは、トヨタ系のTRDなどからリースされている、スポーツ走行向けのブレーキパッドや高剛性のブレーキラインなどの採用でしょう。

新車を購入したディーラーにカタログがあり、そこで装着可能です。

サードパーティ製のブレーキパッドは、そのコンセプトを理解してから購入します。

パッドによって初期制動力を重視したパーツだったり、耐フェード製を重視した耐久型だったり、どちらも優れていてブレーキローターを削るタイプ(これは決して悪いことではなく、パッドとローターの両方を減らしながらブレーキ性能を得ている、欧州車に近い想定です。

国産車のほとんどのブレーキはローターを減らすようなセッティングはしていません。

ですので、ローターの表面がブレーキングによって削られたりして偏摩耗すると、ブレーキング時にステアリングにバイブレーションが現れたりします)なのか、特性を理解して選択します。

そのあたりの特性はショップがよく分かっています。

その上で、インチアップしたホイールならば、大径ブレーキローターの導入など、ブレーキ・システムそのものを大改造するなど、チューニングの手法は豊富です。

見本はTRD製にありますね。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

86RCグレートのサスペンションのチューニング

86RCのタイヤを19インチ化しました。

いよいよサスペンションの換装に入ります。

ここでサスチューンの目的をはっきりさせて臨むことが大切です。

一般道を自走してサーキットに行ってタイヤを履き替えてサーキット走行を楽しむ、時には走行会にも参加する。

それとも将来はロールゲージを装着して草レースやジムカーナぐらいには参加したい。

いやいやとんでもない、街乗り重視でときどきワインディングを攻める程度でいい──のか? いずれにしても19インチまでアップしたタイヤはラリーには、まったく不向きですね(笑)。

サーキット走行まで見据えるなら、やはり車高調整機能がついたスプリング+ダンパーを含めたオールインワンのサスペンションキットに換装してベストセッティング・ポイントをショップのスタッフと探す努力が必要ですね。

ブランド選び、ショップの選択もキーポイントでしょう。

スタビリティ重視なのか、素軽い回頭性が欲しいのか、または速くなくていいのでキレイで安定したドリフトが出来る脚にしたいのか、ショップのスタッフと十分に打ち合わせて進めましょう。

いずれにしてもサスペンションのリニューアルは、その後のアライメントの調整などアフターケアが重要です。

ですから、ショップ選びは大切なのです。

街乗りと休日のワインディング・ドライブを気持ちよく過ごしたいのなら、ダンパーだけの交換も大いにありです。

その頃になると海外も含めたショックアブソーバーのメーカーから86対応ダンパーが幾つも発売されているはずです。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

86RCグレートを完全チューンド・マシンに仕立てる(1)

「RCグレードを完全チューンド・マシンに仕立てる」ために、どこから手を加えましょうか。

前後の黒い素材丸出しのバンパーは確かに格好悪いですが、公道の走りにそれほど影響がないので、しばらく我慢しましょう。

先に手を入れたいのはタイヤと足回りでしょう。

特にスチールホイールに装着した16インチタイヤは相当にプアらしく(GT系の17インチもプアです)、早急にインチアップしておいた方が良いでしょう。

予算に余裕があるのならサスチューンも同時に進めた方が良いのですが、普段の足として使いながらゆっくり改造を進めていくのも楽しいですね。

まず、タイヤ&ホイールのインチアップからはじめます。

Gグレードを街乗り仕様のインチアップを図った際に18インチに2インチアップしました。

ここでは3インチアップも視野に入れてみましょう。

タイヤの外径を一致させて19インチ化するには、235/30R19、225/35R19、215/35R19タイヤが候補になりますが、車両のクリアランスを調べながらショップと相談して進めた方がいいでしょう。

タイヤメーカーでも86の対応タイヤを調査し終えている頃なので、ショップに情報が届いているはずです。

同じようにホイールメーカーのマッチングテストを終えていて、ハブ径まで合わせた対応する18インチ、19インチホイールを生産しているはずです。

現段階で推測できる19インチホイールは8JJ、オフセット+30〜35mm/PCD100mm/5穴です。

装着するタイヤとのマッチングを調べながら決定します。

あとは、純正17インチホイールの1本の重量9.1kgを参考に出来るだけ軽量で自分好みのデザインを探すことです。

タイヤのブランドについては、ここまでインチアップしたなら街乗りタイヤとして静音設計タイヤを選ぶのもひとつの方法です。

モータースポーツ用のタイヤは将来別途用意するのですから。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

改造を前提にした86RCグレートってどんなクルマ?

改造・ドレスアップを前提にしたベースモデルとなる車両価格199万円(6速MTだけのラインアップ)86RCグレートは、発売が他のグレードよりも2〜3カ月遅れるとアナウンスされています。

その時間差でサードパーティの方々がカスタムパーツの開発設計を行なうということになります。

現在までで分かっていることは、RCグレートは16インチスチールホイール装着で前後バンパーとドアミラーは塗装されない素材のまま、そしてエアコンレスだということです。

果たしてエアコンがオプション装着できるのか? 純正LSDは付けられるのか? ドアミラーに電動調節機構が付いているのか? はたまた電動パワーステは? パワーウィンドゥは? という細部については分かっていません。

しかしながらはっきり言えることは、エアコンがオプションで装着できるかどうかで大きくユーザー層が変わってくるということですね。

エアコンが付けられないとなると、RCをベースに改造する目的は明確なのでユーザーはぐっと絞り込まれます。

モータースポーツのベース車に限りなく絞り込まれることになるでしょう。

もっとも、資料によると86はラゲッジにサーキット走行用のタイヤが4本とその他工具を積んでサーキットまで自走出来ると公言しています。

それならばエアコンは必須なので、エアコンがオプション設定される公算が強いと思います。

もちろんマツダ・ロードスターのように世界中で販売されるモデルなので、北米やヨーロッパの上の方ではエアコンは必要ないですので、別のラインアップが存在するのかもしれません。

日本で販売するRCも、取り敢えずナンバーを取得して公道を走ることができるクルマであることは間違いありません。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

Gグレードに装備されないアイテムでカスタマイズしたいこと

Gグレードを選択したとしてGTにあってGに装備されないアイテムで気になるものは、本革巻きステアリング、アルミペダル、LSD、ディスチャージヘッドランプあたりです。

これらアイテムはすべてメーカーオプションでGグレードに装着可能となる予定です。

後付け出来ない、あるいは交換が面倒なアイテムなだけに十分な検討をしたいところです。

が、これらのアイテムはトヨタお得意のパッケージオプションとなりそうです。

今のところ組み合わせは不明ですが、気になった4つのアイテムをすべて装着すると、4種類のパッケージオプションをすべて選択しないと装備できない場合も考えられます。

つまり、ディスチャージヘッドランプを選択するとLEDクリアランスランプ/コンライト/フロントフォグランプなどがセットでイルミネーションパッケージとなって●●万円。

本革巻きステアリングを選択するためにはシフトノブ&パーキングブレーキレバーも一緒に本革巻きで付いてコンフォートパッケージとなって○○万円というやつですね。

そうしてオプションパッケージを追加していくとGTとあまり変わらない価格になってしまうことも考えられます。

そうなるとまた、「オートエアコンが付いたGTの方がお買い得ですよ。

オートエアコンはGにはオプションでも付けられませんから」というセールストークが頻発します(笑)。

だから、というわけではありませんが、アフターマーケットではこのあたりのアイテム開発が積極的に行なわれている(積極的に行なって欲しい)ようです。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

運転中に常に触れる部分でカスタマイズしたいこと

基本的にモーターショーなどで発売前に公表されている86は、すべて最上級モデルのGTリミテッドです。

インテリアで目立つのは赤と黒のツートーンでコーディネートしたスポーツシート、ステアリング、シフトノブ&パーキングブレーキレバーなどです──このコーディネートはGTリミテッドへのオプションで標準仕様はブラックですね。

シート表皮は赤い部分がアルカンターラで黒い部分がファブリックですね。

シートやステアリング・シフトノブにはなかなか派手な赤いステッチが施されています。

このステッチの手触りは意見が分かれるところです。

「好き」という意見がある一方で、「ツートーンのデザインはやや子供っぽく、ステッチはざらついた感触でやや鬱陶しい」という意見が多く、個人的にも同感です。

とくにシフトのステッチがやや邪魔な印象で、ブラック内装でもこの感触なら、真っ先に交換したいパーツです。

86のシフトはストロークが詰められているので、リバースにシフトするとき以外はノブを上から握ることはなさそうです。

ノブを後ろから握って手首でシフトするときに、あのステッチが手の腹でざらつくのです。

標準のシフトノブの素材や重量は不明ですが、個人的にはもう少し重量のあるシフトノブを試してみたいですね。

ステアリングは歴代トヨタ市販車中で最小の直径365mmで、チルト機構のほかこのクラスの国産車では稀なテレスコピック機構が標準で備わっているのは朗報です。

非常に低いシート高(地上から400mm)でもドライビングポジションはシートリフト値40mmと合わせて使えば、まず問題ありません。

ただし、ステアリングのステッチがざらつくのと、常に握っている部分が赤いパンチメッシュの革なので汚れが詰まりそうなのが気になりますね。

交換できるステアリングが複数発売されるといいですね。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

86純正以外のNAVI&オーディオでカスタマイズする

トヨタ純正以外のNAVIとオーディオを選択するのは86では、ぜんぜん問題ありません、非常に簡単です。

86は、すべてのグレードでオーディオ&NAVIは装備されません。

ついでに説明すると、GT系にはツィーターを含めた6スピーカーが、Gにはドアに2スピーカーが装着されています。

これはトヨタ車の常套手段でグレードに応じてディーラーで装着出来るオーディオを選別しているのです。

つまり、2スピーカーしかないGグレードに高級なオーディオユニットを付けようとすると、別途スピーカーを購入したり余計な工賃が必要だったりします。

そこで、「そんな手間とお金は無駄なので、GTを購入しませんか?」という営業マンのセールストークに繋がるのです……これが。

そして「ついでにオーディオの代金だってローンに組み込んじゃいますね」となるわけです。

そんな甘いセールストークを逃れて、車両購入後に、自分の好きなオーディオ&NAVIを装着するとします。

オーディオに拘りのあるユーザーならば、ドアに吸音材などがまったくない純正装着のスピーカーなどは無駄な装備でしょう。

もっと高級でいい音を奏でる自分好みのユニットを選びたいですものね。

幸いにも86にはダッシュボードに2DINの有効なスペースがあります。

そこまで、電源やスピーカーのケーブルが来ているはずです。

選べるオーディオ・ヘッドユニット(NAVIモニター統合ユニットも)は多彩です。

オーディオアンプやナビ本体は助手席下などに配置して、上の1DINにNAVIのスライド式モニターを設置して、下の1DINにオーディオコントロールユニットを設置するということも可能ですね。

こうすれば、NAVIはメーカーP社で、オーディオのヘッドユニットはSブランドの、アンプはM社で、スピーカーはJブランドなんてことも可能になります。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

インテリア&エクステリア照明のLED化

86に限ったことではありませんが、別項でふれたようにメーカー純正のディスチャージライトの色温度は多くの場合決して白い光ではありません。

だからディスチャージ式ヘッドライトのクルマのユーザーであっても5000〜6000ケルビン程度のサードパーティ製のディスチャージ・バーナーに交換している例が多いのでしょう。

そのバーナー交換後、どんなクルマのユーザーから次のような不満が聞かれます。

つまり、「同じライトユニットのなかにあるディスチャージのロービームに比べて、クリアランス(ポジション)ランプ、ターンシグナル(ウィンカー)バルブ、ハイビームの色が白くない(ディスチャージの色と異なり黄色い)」という不満の声です。

そこで、ヘッドラント・ユニットのなかの光源をすべてLED化し、同じ程度のケルビン値(6000ケルビン程度)で統一するドレスアップが行なわれるのです。

こうしてフロントの光が統一されると気になり出すのがテールライトです(笑)。

テールランプに限らず通常のタングステン・バルブとLEDランプでは、点灯するときに微妙な差異が現れますね。

そのあたりを統一するためにリアランプ・ユニットのなかのバルブをLEDで統一するわけです。

この際にLEDランプに換装するのは、ブレーキランプ、ポジションランプ、ターンシグナルランプのほか、バックアップランプやリア・フォグランプにも及びます。

こうして灯火類のLED化を進めていくと、ライセンスプレート照明や室内照明など、とことんLEDにしたくなってきますね。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

Gグレードにないディスチャージヘッドライトを手に入れるには。

86のヘッドライトはGT系がディスチャージ式を採用していますが、それ以外は普通のハロゲンライトです。

ポジションランプにLEDを採用するのもGT系だけです。

ここまで、ドレスアップするなら86Gグレードがベストな選択と記してきましたが、普通のハロゲンライトとなってしまうGグレードとGTの前照灯システムの差異は悩むところですね。

アフターマーケットにハロゲンライトからHIDに変換するキット、あるいはユニットごと交換できるフロントライトが出てくるかどうか、それはGグレードがどれだけ売れるかにかかっていますね。

ディスチャージヘッドライトがどうしても欲しいのならば、これは最初からGTグレードを選択する方が安全かもしれません。

しかし、GTを購入しても恐らくですがヘッドライト・チューニングは不可欠だと思います。

なぜなら、メーカー純正のディスチャージライトの色温度は多くの場合4000ケルビンを僅かに上回る程度で、決して白い光ではないからです。

これも恐らくですが5000〜6000ケルビン程度のサードパーティ製のバーナーに交換することになるでしょう。

それならば、Gグレードを選択してハイワッテージ(77〜100Wぐらい)でケルビン値の高いハロゲンバルブに交換しておくのも実質的なチューンアップだと思います。

これならば数千円の投資で効果大ですね。

そして、HID交換キットが発売された際に交換するかどうか検討しても遅くないと思います。

個人的にはスイッチオンに一瞬遅れて点灯するHIDライトの時間差があまり好きではありません。

(その後、判明したこと──Gグレードに灯火類のセットオプションがありディスチャージライトが選択できそうです──安くないと思いますが)

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

86販売店オプションとモデリスタのカスタムパーツ

86にはメーカー&販売店オプションでも多彩なカスタムパーツが用意されています。

メーカー&販売店オプション・アイテムの多くは機能性アップを狙った製品と、ドレスアップを目指したアイテム2種類に分けられます。

ラジエターグリルのドレスアップやヘッドライト回り、前後バンパー周囲をドレスアップするガーニッシュ/フォグランプガーニッシュなどの加飾がメインとなるのがドレスアップ・アイテムですね。

メーカー・オプションのラインアップでメインは、ETCやNAVI&オーディオなどの機能性アイテムです。

このトヨタ純正のG-BOOK対応プレミアムナビは30万円以上と高価ですが非常に多機能なことで知られています。

携帯電話との連携機能も充実していて、DVD以下のディスク再生やAM&FMチューナー、TVチューナーなども完全内蔵したオールインワンシステムです。

もちろんi-Podなどのデジタルオーディオプレーヤーにも対応しています。

一方、モデリスタが提案するカスタムパーツはさらに多彩です。

トヨタ系であるメリットを活かして新車発表前からエアロパーツを設計し、86発表の際にはディーラーにフロントスポイラー/サイドスカート/リアスパッツの3点セットをメーカー純正エアロスポイラーと組み合わせたモデリスタ・バージョンが並んでいるはずです。

当然、18インチのタイヤ&ホイールも提案しています。

インテリアのインパネやイルミネーションなどのアイテムもラインアップされています。

カテゴリー:FT-86コラム続きはこちら

12

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW