FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86RCのブレーキ・チューニング

サスペンションのチューニングを終え、コーナリング・ポテンシャルが上がった86ならば、その性能のアップに合わせて止まる性能、ブレーキ性能の強化も必要です。

まずは数多くアフターマーケットから発売されるブレーキパッドのパーツ交換からスタートしましょう。

ブレーキパッドの特性の違いを確認しながらチューニングを進めるのが基本です。

堅実なチューンは、トヨタ系のTRDなどからリースされている、スポーツ走行向けのブレーキパッドや高剛性のブレーキラインなどの採用でしょう。

新車を購入したディーラーにカタログがあり、そこで装着可能です。

サードパーティ製のブレーキパッドは、そのコンセプトを理解してから購入します。

パッドによって初期制動力を重視したパーツだったり、耐フェード製を重視した耐久型だったり、どちらも優れていてブレーキローターを削るタイプ(これは決して悪いことではなく、パッドとローターの両方を減らしながらブレーキ性能を得ている、欧州車に近い想定です。

国産車のほとんどのブレーキはローターを減らすようなセッティングはしていません。

ですので、ローターの表面がブレーキングによって削られたりして偏摩耗すると、ブレーキング時にステアリングにバイブレーションが現れたりします)なのか、特性を理解して選択します。

そのあたりの特性はショップがよく分かっています。

その上で、インチアップしたホイールならば、大径ブレーキローターの導入など、ブレーキ・システムそのものを大改造するなど、チューニングの手法は豊富です。

見本はTRD製にありますね。


■画像は有名なブレンボキャリパー
86にも各社続々とブレーキパッドやキャリパーがラインナップされると予想されます。

カテゴリー:FT-86コラム

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW