FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86エアロ

大阪オートメッセにモデリスタのエアロを取り付けた86が展示されていました。発売前から人気のエアロですが、86の周りには常に人でにぎわっていました。86のエアロというとおそらく、ドレスアップやカスタムよりのデザインのエアロより、チューニング系の空力や走行性能を向上させたエアロが多くデビューするのではと予想しています。

特に、チューニングシーンではレースへの参戦も多くみられると予想できますので86のエアロはチューニング系のものが豊富に登場するでしょう。

エアロの選択ですが、保安基準や公道での走行が可能なモデルであればデザインで決めるのもよいでしょう。もともとエアロはレースシーンでのタイムアップが目的に作られたものですので、性能面を重視することが多くありましたが、近年ではドレスアップ性が特に重視されています。86はドレスアップにもチューニングにもどちらにも向いているので、いずれにしても好みのデザインでエアロを決めることが一番おもしろいかもしれません。

下の動画は、オートメッセでいち早く登場した実際のモデリスタの86のエアロです。登場前からこんなに話題になるのはやはり86効果といえますね。


86を購入した方の多くに、エアロを装着する人がいると思います。

また、エアロを装着する人が増えれば増えるほど、傷ついてしまったままのエアロでクルマを走らせている人も増えてきます。

一般的にエアロを装着するケースでは、車高を低くしている場合が多くなり、その結果として駐車場などの輪止めに接触したりする可能性も高まりますが、割れやヒビの入ったままのエアロで走行し続けることはあまり良い状態でないことは明らかです。

見た目的にも良くないばかりか、空力学的にも効果は全くなくなってしまいますので、86にエアロを装着して割れたりしまった場合には、面倒でも補修するようにしておきましょう。

エアロの多くはFRPというガラス繊維とエポキシ樹脂を使用した材質でできていますので、補修もFRPで行うことになります。

86のエアロの補修をするためのガラスクロス・ガラスマット、ポリエステル樹脂・硬化剤などはカー用品店でも購入できますが、漁港の近くのホームセンターやインターネットサイトで安く購入できますので、そこから購入するのが良いでしょう。

86のエアロなどのFRPでの補修は、慣れなどが必要になってしまうかもしれませんが、真夏などの気温の高い場合でなければ、何度か練習をすることでコツをつかむことができるはずです。

ただし、樹脂と硬化剤の分量は正確に計量し、硬化剤を多く入れすぎないようにする必要はあります。


86 エアロについてのミニコラム

自動車業界では有名なトヨタとスバルの富士重。

この2社の車に対する思いが一致して作られた車があります。

それが86という車です。

この車は、新世代のスポーツカーモデルというコンセプトのもとに作られた車で両者のコア技術を最大限に活かした世界でも唯一となる水平方向エンジンFRレイアウトと呼ばれるモデルのスポーツカーを目指して作られたものとなっています。

ターゲットとしてはかつて「ハチロク」に乗っていたユーザーや乗りたかったユーザーなどの40代〜50代の方となっています。

スポーツカーとしてとにかくかっこよさを追求したものとなっています。

そんな86ですが、エアロなどを交換することでさらにかっこよさを磨くことができます。

もちろんデフォルトのままでもスポーツカーとしての魅力を十分に味わうことができるのですが、エアロを装着することでさらにスポーツカーとしての魅力がアップすることでしょう。

エアロの魅力としては、やはりその外観にあります。

ですから86に装着したエアロがもし破損でもした場合にはすぐに取り替えておく必要があります。

取り替える以外にも補修などの必要に迫られることもあります。

そんなときに補修や取替えなどを自分でしてみませんか?

86など車のことはそういった専門店で行ってもらうことができますが、自分で行うことで86への愛着もでてきますし、エアロの補修などもすぐに行うことができます。

DIYは今人気を集めていますので是非自分で86のメンテナンスを行っていきましょう。


86FRP製のエアロは自分で補修!

86にエアロパーツを取り付けて、ローダウンなどをしているような場合には、わずかな段差や立体駐車場の急な上り坂などでエアロパーツに損傷が及ぶことがあります。

通常の場合、86のエアロパーツに傷が付いたりヒビが入るたびに新しいエアロパーツを購入することは困難になりますので、補修方法を覚えておくととても役に立つケースがあります。

一般的なエアロパーツの場合、その素材にFRP樹脂が使用されていると思います。

FRPとは、Fiber Reinforced Plastics を略したもので、繊維と樹脂を使用した強化プラスチックのことを言います。

このFRPは、あらゆる形に造型できることと、強度があり軽量であることから様々な分野で利用されています。

86のエアロパーツの補修に必要な基本的なものは、ポリエステル樹脂・硬化剤・ガラスクロス(ガラスマット)の3点ですが、カー用品店で購入すると比較的割高になってしまいますので、インターネットあるいは漁港に近いホームセンターで取り扱いがあると思います。

このFRP樹脂を使用する補修で注意するべき事といえば、硬化剤の量を多くしすぎないことと、空気をしっかり抜くこと、さらに固まるまでの時間が比較的早いので手早く作業をすることです。

86のエアロパーツの補修は、ある程度は慣れが必要な部分もありますが、回数を重ねていくうちに慣れるとともに仕上がりもよくなってくるでしょう。


86エアロパーツを自分で取り付けよう!

トヨタと富士重工が共同開発によって誕生した86は、かつて80年代に「ハチロク」の愛称で親しまれててきたクルマの現代版です。

団塊ジュニア世代よりも上の世代では、ハチロクに憧れたり所有したりして楽しんだ思い出も多いことでしょう。

そんな86は、しっかりとチューンナップして力強く走りぬけられるようにカスタムしたり、走行性能はそのままでもドレスアップをしてスポーツカーらしさを演出してあげないといけませんね。

86のカスタムを始めるときに、どこから手を付けてよいか迷ってしまうと思いますが、まずはエアロから!という人も多いでしょう。

自分のイメージするエアロをインターネットなどで見つけたら、早速86に取り付けてみましょう。

DIYでエアロなどを取り付けたことのない方でも、手を加えることの楽しみの多い86ですので、少しずつ覚えていけばよいことですので、エアロなど比較的ハードルの低いカスタムから始めてみるのがいいのではないでしょうか?

ラチェットレンチやフロアジャッキなどの基本的な工具を揃えたら、DIYで86のカスタムできるアイテムはとてもたくさんあります。

自分でボルトやナットを取り外したり、取り付けたエアロなどのアイテムには大きな愛着もわきますし、満足度もとても大きなものが得られます。

お金を払って業者に取り付けを依頼することは簡単ですが、アイテムを取り付ける楽しみと、カスタムに必要な資金を工賃として支払ってしまうのはあまりにももったいないように思います。

カテゴリー:86

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW