FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86ホイール交換はドレスアップにもバネ下軽量化にも効果的!

走る楽しみとカスタムする楽しみを無限に得られるような気がするトヨタの86ですが、サーキット走行を前提とした"走り"にこだわるカスタムも、市街地走行を前提とした"魅せる"カスタムもとても楽しんでできそうです。

いずれにしても、86のオーナーの多くはカスタムを楽しむことを前提にこのクルマを選んでいることと思いますので、ホイールなどはしっかりと交換しておきたいアイテムです。

86のホイールを社外品に交換するメリットの多くは、ドレスアップの要素が大きくありますが、ホイールを軽量化することでバネ下を軽量化するという意味において走行性能も違ったものになってきます。

完成された自分だけの86をイメージしてホイールを取り付けたら、それだけで86が速くなってしまったようなような錯覚を覚えてしまうかもしれませんね。

雑誌やカタログを見て86に似あったものを探してみるのもいいですし、インターネットで検索してみるのも楽しいでしょう。

新しいホイールが86に取り付けられたら、サーキット走行でも、ワインディング走行でも、今までとは違った新鮮な気分で走ることができるようになります。

しかし、タイヤ付のセットのホイールを購入して、自分で取り付ける場合には、ジャッキアップの安全な方法などをしっかりと再確認して、DIYでも事故の内容に注意して楽しむ必要があることはいうまでもありませんね。

86のRCグレードでは、アルミホイールなどは標準装備ではなく、購入後にユーザーが自分で選んだホイールを86に装着することが想定されています。

また、86のRCを選択するユーザーの中には、サーキット走行を楽しむケースも多くあり、購入するアルミホイールの強度や重量なども選択の要素となるでしょう。

一般的にはアルミホイールと呼ばれるアルミニウムとマグネシウムを合わせた合金でできたものを選択すると思いますが、その製造方法には鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)の2種類があります。

鋳造での作り方は、高温で熱せられたアルミ合金を型に流し入れ、冷却する方法になりますが、製造コストの削減に優れ安価でデザイン性に優れたアルミホイールを製造することができます。

これに対して鍛造での製造方法は、型に流し入れたアルミ合金に圧力をかけることで、強度のあるアルミホイールを製造することができます。

圧力をかけることでアルミの分子の配列が均一になり、金属内部の空気孔のない質のよいアルミホイールを製造することができますが、大量生産には向かない製造方法ですので価格も高くなってしまいます。

この鋳造と鍛造の違いは、例えて言うならば、茶わんによそったご飯とおにぎりを比較すると、おにぎりの方が密度も高く崩れにくいのと同じように、鍛造でできたアルミホイールにはしっかりとした強度があるといえます。

86でサーキット走行などをする場合には、アルミホイールなどにとって過酷な状況になりますので、鍛造で作られたホイールの選択も良いのではないでしょうか。

カテゴリー:86

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW