FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86 HID

86という車があります。

この車は以前販売されていたハチロクという車をもとに、トヨタとスバルの富士重が共同で、それぞれのコアな技術を駆使して作られたまさにスポーツカーの中のスポーツカーとも言えるのがこの車です。

この86には、それぞれのオプションに応じてグレードが異なります。

最上級のグレードの場合、多くのオプションが付いた状態になりますが、その分価格は高額になっていきます。

一番下の標準のグレードになると逆にほとんどのオプションが搭載されていませんので、自分で様々なパーツやオプションを付け足していかなくてはなりません。

多くの標準のパーツが少し簡素なものを使用していますので、そういった点でも多くのパーツを取り替えることになるでしょう。

普通の人からすれば、86とはなぜそんなにパーツなどが簡素化されているのかと思われるかも知れませんが、車のカスタマイズなどのドレスアップを楽しむ方にとっては、これ以上ないほどの魅力が86にはあることでしょう。

86のコンセプト自体がカスタマイズを前提にしている車となっているのです。

ですからHIDなどはもちろん標準では装備されていません。

HIDも自分で取り付けなくてはなりません。

スポーツカーですのでHIDにすることでとても効果的なドレスアップになることでしょう。

HIDに限らずに様々なドレスアップを楽しむことができるのがこの86という車なのです。

カテゴリー:86続きはこちら

86 改造

86を買ったら、何をおいてもまず始めたいのが改造です。

そもそも、改造して自分なりのカスタマイズが行われることが前提なわけです。

その期待に応えるためにも(?)、とことん改造したいものです。 

まずは86のエンジン。

エンジンも改造! といきたいところですが、当初はノーマルでいいかと思います。

しかしブレーキに関しては、パットをぜひ交換したいと思います。

冷却系は、使ってみてもう少しアレンジが欲しいと思うなら、強化も視野にいれておこうかと。 

車高調は、スポーツカーであることですし、取り付けを考えている人も多いかと思います。

しかし、そこらへんは、開発段階で考慮がなされているかと思うので、まずはノーマルの状態で、サーキットで走らせてみようかと。

それから下げてもいいかと思います。 

86のインテリアもとことん、凝ってしまいそうです。

ステアリングは交換です。

こちらは、純正品でも良いものがあるようですが、コストを重視するなら社外品もありうるかと思います。

さらにシート、シフトブーツ、サイドブレーキブーツも交換してしまおうと思います。

シートはRECAROに決めています。 

足まわりについては、ホイールを鍛造ホイールで軽量化する、というところにはまず手を付けたいです。

86をなるべく軽量化をして、少しでも燃費をあげたいためです。

タイヤは交換してもいいですが、まずはノーマルで乗ってみてから考えてからでもいいかもしれません。

候補としては。ハイグリップラジアルあたりを考えています。

カテゴリー:86続きはこちら

86 テール

86のテールレンズに関しては、開発から発売までの段階で、かなりの変化がありました。

やはり全体のイメージを大きく変化させるテールレンズだからこそ、検討に検討が重ねられたのでしょう。

最初にお披露目されてから、市販モデルとして販売されるまでに、かなりの変更がありました。 

テールレンズは当初、角が尖ったデザインでした。

ソリッドな印象です。

これに対し、最終段階までの過程で、再度から下部に、丸みがつけられました。

ハードからソフトへの変更ということになります。

こちらのライトの形状は、テールレンズだけではなく、ヘッドライトも同様です。 

全体的に、86のリアまわりはかなり変化が大きかったと言えそうです。

テールレンズの形状の変化はもちろん、トラックエンドも変更されています。

新デザインでは、ナンバープレートをトランクエンドに取り付けられるようになりました。

これにより、バンパーが薄く抑えられるようになっています。

トランクエンドと、それと近いパーツであるリアのレンズの変更により、リア周りのイメージは、かなり変わったといえそうです。 

エクステリアに関しては、インテリア以上に、86のイメージを形作るのに大きな役割を果たすものです。

86はスタイリッシュで高性能なスポーツカーとして売り出されますが、同時に「ユーザーに近いクルマ」というコンセプトもあります。

そこを配慮しての、デザインではないかと考えられます。

カテゴリー:86続きはこちら

86LED

86のドレスアップにルームランプなどをLEDランプに交換したりすることは比較的簡単にできますが、LEDランプを使用して86に取り付ける自作のランプを作ることとなると急に難しくなってしまいます。

LEDランプの自作方法などを解説しているホームページなどもありますが、電気の知識が全くない場合では、回路図を真似して同じものを作ることはできても、自分が考えたランプを作ることができません。

このときに、市販の教材でオームの法則などの基本的な知識を身に付ける必要はありますが、抵抗の計算を簡単にするために「定電流ダイオード(CRD)」を使用すると簡単に取り組めると思います。

86を流れる電気の電圧は変化するものですので、LEDに流れる電流が変化してしまうことで発光しない場合がありますが、定電流ダイオードを使用することで一定の電流しか流れなくなり、その結果として確実な発光と計算の簡略化ができることになります。

また、自作ランプを作るために最低限必要なものは、「半田ごて」や「半田」、「電工ペンチ」などですが、それ以外に必要なものがでてきたら、その都度、工具などを揃えていくといいと思います。

最初は、ホームページなどに掲載されている回路図と同じようなものを作りながら、次第に自分のオリジナルのLEDランプを製作するようにしていくのが、効率よくステップアップしていける方法であると思います。

「やってみると、それほど難しいものではなかった」というケースが多いですので、86に自作のLEDランプを追加することにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー:86続きはこちら

86エアロ

大阪オートメッセにモデリスタのエアロを取り付けた86が展示されていました。発売前から人気のエアロですが、86の周りには常に人でにぎわっていました。86のエアロというとおそらく、ドレスアップやカスタムよりのデザインのエアロより、チューニング系の空力や走行性能を向上させたエアロが多くデビューするのではと予想しています。

特に、チューニングシーンではレースへの参戦も多くみられると予想できますので86のエアロはチューニング系のものが豊富に登場するでしょう。

エアロの選択ですが、保安基準や公道での走行が可能なモデルであればデザインで決めるのもよいでしょう。もともとエアロはレースシーンでのタイムアップが目的に作られたものですので、性能面を重視することが多くありましたが、近年ではドレスアップ性が特に重視されています。86はドレスアップにもチューニングにもどちらにも向いているので、いずれにしても好みのデザインでエアロを決めることが一番おもしろいかもしれません。

下の動画は、オートメッセでいち早く登場した実際のモデリスタの86のエアロです。登場前からこんなに話題になるのはやはり86効果といえますね。


カテゴリー:86続きはこちら

86ブレーキローターにカバーを取り付けよう!

86はスポーツタイプのモデルで、マフラー交換やECUのチューンナップを行う人も多くいると思いますが、同様に、ドレスアップにも力を入れているユーザーも多いのではないでしょうか?

通常の86のドレスアップというと、エアロパーツを装着したりホイールを交換したりしますが、さり気ないアイテムでワンポイントの飾りを付けるというのもセンスがあっていいと思います。

86の足回りでいうなら、ブレーキローターのカバーなどは主張しすぎることなく足元を飾ることができるのでおすすめです。

このブレーキローターのカバーは、86からホイールを取り外してブレーキローターの上に被せるだけですので取り付けも簡単にできますし、カバーの厚みの分だけホイールを外側へ出すことも可能です。

よくブレーキキャリパーの塗装をするケースがありますが、塗装に自信がなかったりすると、なかなか手が出しにくいドレスアップですが、ブレーキローターのカバーであれば、86のジャッキアップをしてホイールを取り外すことができれば自分での取り付けも可能になります。

もちろん、86のジャッキアップをするときには平坦なコンクリート上で安全にする必要はありますが、DIYでの作業でも比較的簡単にブレーキローターのカバーを取り付けることができるでしょう。

86の足元をさり気なく飾るアイテムとして、ブレーキローターのカバーはおすすめです。

カテゴリー:86続きはこちら

86フューエルリッドカバーを交換してみよう!

86のようなスポーツ性の高いモデルのユーザーの中には「スポーツカーにドレスアップは必要ない!」と思われている方もいるかもしれません。

しかし、86の高次元の走行性能を味わう楽しみも、ドレスアップも同時に楽しんでしまうのもいいと思います。

ドレスアップされた86をみると、オーナーの個性が一目で分かりますし、派手なドレスアップからさり気ない主張をしているものなどいろいろとあるでしょう。

また、フューエルリッドカバーなどのように外観から86のスポーツ性を主張することができるアイテムもあります。

このときに、フロントバンパーやリアバンパーなどのエアロパーツやホイールなどに合わせたフューエルリッドカバーを選択することで"スポーティー"という一つのテーマを演出することも可能になります。

通常の順序とは逆になってしまうかもしれませんが、フューエルリッドカバーなどのような小さなアイテムを取り付けることで、86のドレスアップに興味を持った場合には、完成後の全体的な印象をあらかじめイメージしておくことでまとまりのあるドレスアップが完成すると思います。

このときに、フューエルリッドカバーなどのように工具の必要ないものなら問題ありませんが、その他のアイテムなども自分で取り付けてしまえば大幅な工賃の節約をすることもできるようになります。

小さなアイテムから始めるドレスアップも面白いかもしれませんね。

カテゴリー:86続きはこちら

86サンバイザーモニターを取り付けよう!

86はとても話題性の高いモデルですが、比較的落ち着いた室内空間がとても印象的です。

86の外観を変更するときには、多くのアイテムを利用することにより、自分のテーマに応じてドレスアップを楽しむことができますが、室内空間にモニターなどを新たに配置することで雑然としてしまうことに抵抗を感じてしまうケースも多そうです。

86にモニターを取り付けるのであれば、サンバイザーにモニターが埋め込まれたタイプの「サンバイザーモニター」がおすすめです。

サンバイザーモニターであれば、室内空間の印象はノーマルのままの状態で映像を楽しむことが可能になります。

86へサンバイザーモニターを取り付ける場合においても、基本的には通常のサンバイザーを取り外してモニター付きのものに交換するだけです。

このときに、電源を取るための配線などを丁寧に処理する必要はありますが、説明書に従って順番通りに行えば、自分での取り付けも難しくなくできると思います。

86にサンバイザーモニターが取り付けられれば、長距離での移動のときにも映像を楽しむことができますし、同乗者を退屈させないためのアイテムとしても活用できます。

サンバイザーモニターは、インターネット検索で多くの商品が見つかると思いますし、価格も入手しやすい価格になっていますので取り付ける価値は大きいのではないでしょうか。

カテゴリー:86続きはこちら

86サイドミラーガーニッシュの変更でさり気ないドレスアップを!

86のユーザーには、チューンナップに力を入れるケースと、ドレスアップに力を入れるケースとで異なる方向を目指すユーザーが存在していると思います。

86のドレスアップをしようと思っても、あまり派手なアイテムを取り付けたり、デザインが大幅に変更されるようなドレスアップに抵抗を感じるユーザーも多いのではないでしょうか?

そのような場合には、86にさり気ないアイテムで個性を主張するのも一つの手段になります。

例えば、サイドミラーガーニッシュ(外側)の変更などであれば、カーボン調のような高級感のある質感に変更することで、86に高級感を出すことも可能になります。

サイドミラーガーニッシュは、86のドアの内側と外側とで2種類ありますが、どちらの場合でも交換することは比較的簡単に行えます。

また今すぐにではなくても、将来、ドレスアップを目的としたサイドミラー交換を考えているのであれば、サイドミラーガーニッシュの取り外し方を覚えておくのも役に立つと思います。

さらに、サイドミラーのように頻繁に目にするアイテムを少しでも変更しておくと、思っている以上に満足感を得ることができ、ドレスアップの効果も大きなものとなると思います。

86の外観を大きく変更することはできないかもしれませんが、サイドミラーガーニッシュの変更はDIYでも簡単に交換することができ、満足度も大きなドレスアップになります。

カテゴリー:86続きはこちら

86オイルパンの交換

86のDIYやメンテナンスを始めた最初の頃は、いろいろと失敗もしてしまうかもしれませんが、そのようなことがあるのもDIYならではです。

初めてのDIYでの作業の多くの場合は、86のオイル交換の場合が多いと思います。

86のオイル交換では、ほとんどのケースでは失敗することなくオイル交換が終了するのですが、締め付けトルクを強くし過ぎてしまうとドレンボルトのネジ穴がダメになってしまうことがあります。

そのような場合には、やや手間はかかってしまいますが、自分でオイルパンの交換をすることもできます。

オイルパンの交換をするにあたっては、トルクレンチなどを用意しておくと安心して作業ができますし、オイル交換でドレンボルトを交換するのにも役に立ちますのでおすすめです。

86のオイルパンの交換は10mmのボルトを緩めていくだけで取り外すことができますが、ボルトの位置によっては作業がしにくい場合もありますので、じっくりと取り組むことが重要になります。

また、オイルパンは液体ガスケットで組み付けられていますので、取り外すときにオイルパンカッターあるいはそれに準じるものを用意しておくとスムーズに取り外すことが可能です。

86のオイルパンの交換の際には、オイルポンプなども確認することができますので、将来、オイルポンプを交換するときのために取り付け方なども確認しておくといいでしょう。

ドレンボルトもオイルパンのボルトも締め付け過ぎには気を付けるようにしましょう。

カテゴリー:86続きはこちら

<<前のページへ 1234567891011

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW