FT-86 チューンカスタムドレスアップ

86プラグ

トヨタ自動車とスバルの共同開発により誕生した86の大きな特徴の一つが水平対向エンジンを搭載している点があげられます。

この86に搭載されている水平対向エンジンは、ボクサーエンジンとも呼ばれ、シリンダーヘッドが左右に位置していることに特徴があります。

この水平対向エンジンを搭載する車両に乗るのが初めての場合には、スパークプラグの交換がとても難しいことに気付くと思います。

特に、86の場合には重心を低くするために、通常よりも低い位置にエンジンが搭載されているため、治具とよばれる86専用の工具を用意しないと交換が困難だと思われます。

実際に86のエンジンルームを見て頂くと分かりますが、ボンネットを開けた状態ではスパークプラグがどこに付いているのか分からない状態になっていることに気付くと思います。

もし86のプラグ交換に挑戦してみるのであれば、スパークプラグを取り外すためにエアクリーナーやバッテリー・ウォッシャータンクなどの作業の邪魔になる部品を順番に取り外しての交換になります。

スパークプラグの交換は、メンテナンスの基本的な作業になりますし、エンジンのコンディションを把握するための情報も得られるパーツですので、少々面倒になると思いますが、一度スパークプラグの位置を確認してみて、その方向合わせなどのカスタムをしてみるのもいいかもしれません。

一度、外し方の要領を覚えてしまえば、2回目以降はスムーズに交換できるようになっていると思います。

カテゴリー:チューニング

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW