FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86サス

86は「ハチロク」というネーミングで知られていますが、その名前を聞いただけで過去の思い出がイメージされる人も多くいると思いますし、逆に「何でハチロクなんだろう?」という若い世代も多くいると思います。

もちろん今では違法改造になってしまいますが、バネを自分で切ったりしてローダウンを楽しんだことがある人もいると思います。

86でもサスペンションなどの改造は行われると思いますが、その役割は、路面からの衝撃を緩和したりすることもありますが、走行性能や86の車高などのバランスを考えながら調整されます。

そのように、カスタムや改造をすることの楽しみを教えてくれた車の一台が86の前身のカローラレビンとスプリンタートレノの共通した車両型式番号「AE-86」になります。

今回の86に装備されているサスペンションは、試乗レポートなどを見る限りでは完成度が非常に高いようです。

86のサスペンションは、ストラット・Wウィッシュボーンという形式で、重心を低く設定した開発のためにサスペンションも低い位置に短く設置されているようです。

そのため、86の足回りのチューニングのために車高調などを取り付けるときには、スペース的な問題で作業がやりにくいことも予想されます。

また、もともとの車高が低いこともあり、設定の幅も大きくはないかもしれませんが、86の限界をサーキットなどで発揮させるために、改造するユーザーも多くでてくるものと思われます。

86カナード

86を購入する方の中には、ドリフトやヒール&トゥなどの練習をして、モータースポーツを楽しみたいと思っている方も多くいるのではないでしょうか。

モータースポーツの種類も、ラリーやジムカーナなどいくつかのカテゴリに分類されています。

その中でも、市販の車両をベースにレースを行っているものにsuperGTがありますが、参戦している車両を見るとカナードを取り付けている車両とカナードのない車両があることに気づく思います。

86の改造パーツとしてカナードをつけるべきか考えている方もいると思いますが、ドレスアップを目的としたものではなく、その性能に期待をしている場合には装着に迷ってしまう部品になるのではないでしょうか。。

しばしば誤解があるようですが、カナードを取り付ける主な目的はダウンフォースを得ることではなく風の流れを整える、いわゆる整流が大きな役割となっています。

つまり、86にカナードを取り付ける場合の目的は、ダウンフォースを目的としたエアロパーツに状態の良い風を送ることにありますので、カナード自体にダウンフォースを期待して取り付けた場合には、思っていた効果は表れないかも知れません。

また、カナードに整流効果があるとはいえ、86に取り付けた場合には、少なからず抵抗になってしまうことも考えられます。

したがって、86にカナードを取り付けるかどうかは、抵抗が生じてしまうのを我慢して整流効果を手にするのか、整流効果をあきらめて何も取り付けないかの選択になってしまうことになります。

86オイルフィルター

86のメンテナンスでエンジンオイル交換を自分でする人は多くいると思いますが、高価なものではありませんのでオイルフィルターも定期的に交換するようにしたいものです。

このオイルフィルターは、86のエンジンオイルに含まれる不純物を取り除いて、ろ過されたきれいなエンジンオイルを流す役割がありますが、オイルフィルター自体にも処理能力があります。

もし、オイルフィルターを交換せずに使用し続けるとどうなるのでしょうか。

オイルフィルターの内部にはフィルタエレメント(ろ紙)やリリーフバルブ(逃し弁)などのいくつかの部品で構成されています。

オイルフィルターのろ紙が目詰まりを起こしてくると、汚れたエンジンオイルがろ紙を通過することなく、再び86のエンジンへと流れるようになります。

つまり、オイルフィルターが装着されているのに、オイルフィルターがないのと同じような状態になってしまいますので、エンジンオイルの劣化のスピードも速くなってしまいます。

ここで、86のエンジンオイル交換の頻度を早めればいいのですが、そうでない場合には「あまりオイル交換をしていない車両と同じ」状態になってしまいます。

そのような状態になってしまうと、エンジンオイルが漏れてきてしまったり、エンジン不調になってしまったりすることがあります。

86のエンジンのコンディションを良く保つためにオイル交換をするのですから、オイルフィルターも定期的に交換した方がいいのは言うまでもありません。

86オイルエレメント

86のメンテナンスでオイル交換が重要であることは、多くの人が指摘している通りですが、オイル交換のときにオイルエレメントまで交換した方がいいのでしょうか?

86のエンジンオイルは、防錆・冷却・潤滑・密封・洗浄などの役割がありますが、使用とともにエンジンオイルは酸化され、そのときに発生するカーボンやゴミなどで汚れてきます。

このカーボンやゴミなどの不純物は86のエンジンにとってはあまり良いものではありませんので、エンジンオイルをオイルエレメントを通過させることで、このような不純物を取り除いています。

オイルエレメントは、円筒形の形をした金属製の部品ですが、その中には同じように円筒形の穴のあいた金属と、その周辺を覆うようにフィルタエレメント(ろ紙)があります。

実際にオイルエレメントを見たことがある方なら分かると思いますが、オイルエレメントのエンジン接合部には、中心に大きな穴があり、その周囲にいくつかの小さな穴が開いています。

86のエンジン内にあるエンジンオイルは、その周辺の小さな穴に入り、内部のろ紙を通過して中央の穴から戻ってくる構造になっています。

このオイルエレメント内部のろ紙の処理能力にも限界がありますので、一般的にはオイル交換2回に1回の割合でオイルエレメントの交換が推奨されています。

しかし、オイルエレメントの構造を考えて頂くと分かりますが、酷くエンジンオイルが汚れた状態にまでなってしまったときには、オイルエレメント内部のろ紙も処理能力の限界にきていることが予想されますので、同時に交換しておく方がいいと思います。

86TRD

86のカスタムには、それぞれの目的に応じてエアロパーツから取り付ける方も、足回りの強化から始める場合などいろいろとあり、それをサポートするTRDなどのパーツメーカーが多くのチューンナップパーツを開発しています。

86のカスタムの一つに「ボディ剛性を高める」ことがありますが、剛性の高い・低いというものは86を高速で走行させているときに実感するものです。

86のパーツメーカーではTRDなどが有名ですが、それらのパーツを使用して足回りなどを強化していくと、それに伴いボディへの負担も大きくなっていきます。

一般的には、足回りの強化と同時にボディの補強などを進めていくのがよいとされていますが、TRDでは「ドアスタビライザー(\14,700)」という画期的なボディ補強パーツを開発したことで注目されています。

86がコーナーなどを旋回するときには、ボディに歪みが生じることはイメージしやすいと思いますが、ボディ側面のドア開口部のわずかなすき間を埋めることで、非常に高いボディ剛性が得られるそうです。

このTRDのドアスタビライザーは、86のドアストライカー部に手のひらサイズの大きさのパーツを取り付けることでドアとボディの密着性を高めています。

このドアスタビライザーを取り付けることで86のステアリング操作をしたときの応答を素早いものにし、走りが非常にシャープなステアリング特性になるようです。

このTRDのドアスタビライザーは、取り付けも簡単で街乗りでもその効果が実感できるほどだそうですので、手軽に剛性アップしたい場合には定番のアイテムになるのではないでしょうか。

86カスタム

86はRCグレードの投入からも分かる通り、カスタムや改造を前提としたクルマであることは誰でも想像ができると思います。

しかし、86に興味がある場合でも、自分で部品の取り付けや取り外しに自信がないケースも多くあり、最初の一歩を踏み出せない層が存在していると思われます。

私たちがクルマの免許を取得したての頃は、クルマを運転するだけのことでも大きなことを成し遂げるような感覚があったと思いますが、それと同じように86のカスタムを始めるときには、とても難しいことに挑戦しようとしているような気分になります。

しかし、今では当たり前のようにクルマの運転をしていますし、それと同じように、多くの人がする86のカスタムや改造も同じように、やってみたら難しいものでもなく楽しめることに気付くと思います。

86を購入しては見たものの、自分で部品を取り外そうとしたために失敗して高額の修理代がかかったことのある人がほとんどいないことは検索をしてみればすぐに分かることですので、86のカスタムなどに興味がある場合には、積極的にチャレンジしてみるといいと思います。

もちろん、安全にジャッキアップができるようになったり、バッテリーのマイナス端子を絶縁したりする基本的なことを覚えることは必要ですが、その手間以上に86をカスタムやドレスアップをして自分だけの一台に仕上げていく楽しみは大きなものになることと思います。

86アクセルペダル

トヨタ自動車から86(6MT)のアクセルペダルの形状が変更されると発表されました。

この発表で問題になっているのは、アクセルペダルの形状のことではなく、変更後のアクセルペダルの形状が6ATと同じ形状になること、が問題視されているようです。

トヨタ自動車によると「FUN TO DRIVE AGAIN」というスローガンの下、クルマを所有する楽しさを感じてもらおうと86に力を入れているものと思われていましたが、このアクセルペダルの変更は、実は単にコストカットを目的としているのではないかとみられているようです。

トヨタ自動車の広報部によると86のアクセルペダルの変更の理由を「総合的な部分を考慮してATと同形状に変更した」と説明していますが、総合的な部分というところが実にあいまいな表現となってしまっているように受け取れます。

スバル自動車の「クルマは速いほうがいい」というスタンスとトヨタの「楽しめるスポーツカー」という86とBRZにおける考え方の違いもありますが、購入しようとしている人もどちらのメーカーから購入するべきかを迷っているときに、このような変更の発表はトヨタ自動車にとってはマイナスになってしまうのではないでしょうか?

カスタムやドレスアップを目的として、いずれアクセルペダルの変更を予定しているユーザーも多くいますし、その場合は標準でどのような形状のアクセルペダルが取り付けられていても構わないとは思いますが、トヨタ自動車の姿勢にがっかりしてしまったユーザーも多くいることでしょう。

86ステアリング

86のカスタムやドレスアップを目的としてステアリングを交換することがありますが、ステアリングを変更することで路面の状況などの情報がダイレクトに伝わってくることが大きな効果の一つになります。

また、ステアリングは86を運転するたびに手で触れるアイテムですし、86の室内の雰囲気が精悍なものになるメリットもあります。

社外のステアリングメーカーで有名な所ではNARDIやMOMOなどがあり、どちらのメーカーの商品も非常に高い人気を集めています。

NARDIのステアリングは、スポーツカーからクラッシックカーまで古くから愛用され、操作性やデザイン面においても秀逸なものがあります。

一方MOMOは「モモステ」などの愛称で親しまれ、デザインや性能に対する価格が安価で、気軽にカスタムできることで人気を集めています。

ステアリングを選ぶときには、グリップの握り具あいなども重要ですが、ハンドル径をどの程度にするかを決めておく必要があります。

ハンドル径は小さいものほど少ない動作で操作することができますが、初めて交換する場合には360mm以上のものを使用した方がいいでしょう。

最近ではステアリングの径に関する規制が緩くなったためか、車検の基準である360mmよりも小さい径のものでも、車検を通すことができる場合があるそうです。

ステアリングは、86以外の車種にも取り付けられますので、自分のこだわったステアリングを1本持っていると将来にわたって使用することができます。

86タイヤ

86のRCグレードの場合には、まず最初にタイヤやホイールの交換からドレスアップを始めると思いますが、走行性能や見た目も大きく向上するインチアップをすると効果的です。

インチアップとは86のタイヤの外径を変更しないで、リム径の大きなタイヤに変更することをいいますが、足元が引き締まることから86のドレスアップには大きな効果があります。

86のインチアップをするとタイヤは編平率の低いものになりますが、偏平率は低くなるほどタイヤの横剛性が高くなり、運動性能が良くなります。

一般的にはインチアップをすると、乗り心地が固くなったりロードノイズが大きくなったりする一方、タイヤの変形が少なくなることで、コーナリングやブレーキングの性能向上や中高速域での操縦安定性が向上するなどのメリットがあります。

しかし、インチアップとともにタイヤの外形まで大きくする場合には、スピードメーターの誤差やタイヤハウスへの干渉などに注意する必要があります。

その他にも、標準よりもタイヤ幅の広いものを装着する場合で、フェンダーからタイヤがはみ出るような交換などは、法規上も認められていませんし、取り締まりの対象となってしまいますので気を付けてタイヤを選択する必要があります。

86の運動性能の向上やドレスアップに欠かせないインチアップを行うときには、これらのようなことに気を付けて楽しみたいものです。

86チューニング

86はいわゆるNA車といわれるタイプのクルマで、ターボエンジンを搭載する車とは異なったチューニングを進めることになります。

86のようなNA車のチューニングでは、投資をした割には効果が薄いような印象がありますが、NA車ではアクセルを踏み込んだときの応答性(レスポンス)を上げるようなチューニングを目指すこともあります。

一般的なターボ車の場合では、アクセルを踏み込んだときにほんの少しの時間差で加速されますが、このことを「ターボラグ」といい、ターボエンジンを搭載したクルマの特徴になります。

86のようなNA車の場合では、そのようなターボラグは存在しませんので、レスポンスを向上させることで気持ちよく走行することが可能になります。

また、86の水平対向エンジンは高回転型のエンジンですので、軽い吹け上がりで高回転まで回せるようにチューニングすることもNA車ならではのものです。

そのように考えると、一般的なマフラー交換からエアクリーナー交換というチューニングをする場合においても、低速域を犠牲にしないような選択をしたり、ECUのチューニングも同時にすることで、エンジンの出力を引き出すようなことも考えられます。

あくまでも個人的な意見ですが、エンジン関係のチューニングに関しては、マフラー交換と純正交換型のエアクリーナーフィルター交換、ECUの書き換えをする程度にして、軽量フライホイールの採用などだけでも、大きな効果を感じることができるのではないかと考えています。

<<前のページへ 1234

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW