FT-86 チューンカスタムドレスアップ

日常のささいなことを気楽な感じで書いてます

目 次

86でカスタマイズに適したモデルはこれだ!その(2)

具体的な86のタイヤの18インチ化を検討します。

「86」にGグレードをベース車両としてインチアップを目指します。

Gグレードに標準のタイヤ&ホイールは、205/55R16タイヤに16インチ鍛造アルミホイールが装着されています。

ホイールのリム幅、オフセット値は現在までのところ公表されていませんが、写真などから推測すると6.5JJ×16インチ、オフセット+40mmと思われます。

これをGT系とおなじ17インチにすることは非常に簡単です。

GTとまったく同じ215/45R17タイヤを7J×17インチアルミにセットして交換すればOKです。

が、それならば最初からGTを購入した方が安上がりですね。

18インチタイヤを装着するには、タイヤの外径を標準タイヤと同じにする必要がありますね。

タイヤ外径はメーカーとタイヤのブランドによって微妙にことなるのでキチンとした一覧表で確認します。

ここでは2種類のタイヤを選択します。

225/40R18タイヤと215/40R18タイヤです。

標準の16インチタイヤの外径を測定した記録がまだ手に入らないので推定ですが、おそらく625mm〜635mm程度と思われます。

そこで前記2種類の選択肢からチョイスします。

すでに一部に出回っているトヨタ系モデリスタとTRDのインチアップ情報では、225/40R18タイヤを装着しているようです。

ただこのチョイスですと一部のブランドでは外径が635mmオーバーになる可能性があります。

組み合わせるホイール選択は慎重に行いましょう。

ライン装着される17インチ鍛造アルミホイールの重量は1本あたり9.1kg、16インチ鍛造アルミホイールは7.2kgと発表されていますので、この数値を目安に出来るだけ軽量なホイールを探します。

ホイールサイズは8JJ×18インチ、オフセット+35mm/5穴でPCD100mmあたりが適正です。

86でカスタマイズに適したモデルはこれだ!

カスタマイズあるいは改造、ドレスアップのためのタイヤのインチアップなどを行うことを前提に86を購入する場合、最適なグレードは何でしょう? 基本的に86は、どのグレードを選んでもエンジンとトランスミッションは共通です。

ですので、カスタマイズ派、ドレスアップ派にとって最適なのは「Gグレードを選択する」ことだと思えます。

その理由(1)グレード“G”は基本“86”の最下位グレードです。

しかし、17インチじゃない16インチの鍛造アルミ(スチールで良いともおもう)が装着されていたりする、ややチグハグなモデルですね。

でも、GTとの40万円近い価格差は魅力的です。

本革巻きステアリング&シフトノブはオプションで選択しても、残った30万円以上のお金で、タイヤをインチアップして18インチにしてもお釣りがくるはずです。

もっと効率的なのは、新車の“86”を買ったらすぐに中古タイヤ&ホイール店に持ち込んで、中古タイヤ&ホイールで18インチ化することです。

加えて、中古タイヤショップには思わぬ出物があるかもしれません。

もしかすると、“86”純正の17インチタイヤとホイールのセットがある(GTを買ったユーザーが18インチにした結果の……)かもしれません。

そこでさらに効率的なのは、余った16インチのホイール&タイヤをそのショップで売ってしまうことですね。

まぁ、純正ホイールだけは取っておいて、タイヤだけ売ってしまうのが理想かと思います(車両を下取りに出す際にオリジナルホイールがあったほうがいい)。

真剣なインチアップなどについては別項を用意しますね。

そのお釣りでNAVIかオーディオ、もしかするとその両方が買えます……きっと。

<<前のページへ 1234

86ステッカー

2011年4月にFT-86デビューです♪ドレスアップにチューニング・カスタムにいろいろやって行きたいと思います!

FT86の外装を紹介。

FT86の内装を紹介。

FT86のエンジンルームを紹介。

FT86のトランクルームを紹介。

ウィキペディア:FT86

AUTOBLOG

トヨタ

CARVIEW